学習発達講座とは

トップ__>__学習発達講座とは

 

遊びを活かして感覚と認知を育てる

 
【学習発達講座とは】

出来ないことに対して、「こうすれば治る」や「こうすればできる」と、一方的に解決法を与えたり、押し付けてしまうとどうなるでしょうか?

何度やっても出来るようにならない場合は・・・やる気の低下や登校拒否などの二次障害を引き起こすこともあります。何度も繰り返し学習 することは、脳に反復刺激が与えられるため、神経経路が発達し、長期記憶につながると言われていますが、一方で、特性や発達段階と異なる、 苦痛をともなう繰り返しの行動は、脳の働きを低下させ、記憶の効率も悪くなることも分かっているのです。
中には、文字、計算式、文章問題を 見ただけで気持ち悪くなったり、拒否反応を起こすようになる場合もあります。
そうなるとすべての学習が嫌になっていくのです。
 
 
 

人は、一人一人成長差があります。
学習発達講座では、それぞれの発達段階や特性を観察し、一人一人に
合わせた方法で楽しく感覚・認知を育てていく方法を学びます。

 

九九や漢字を言われたように、何度も書いて覚えているのに、みんなと同じように、僕だけ覚えられないなぁ。

1~100までの数は数 えられるようになったけれど13―8=5 ってどういうこと?

「じっとしていなさい」と言われて頑張るけど、からだがむずむずするし、余計に集中できないなぁ。

触って、握って、投げて、ジャンプして…
遊んでたら、だんだん、形、色、大きさ、方向、数がわかってきたよ!
あっ!順番や量、違いや一緒、速さや単位の意味ってそういうことなんだ!


与えられた解決法で出来るようになった場合は・・・目の前の問題は、解決したように思えるかもしれません。しかし、何も考えず、人に与 えられたその場しのぎの解決ですので、次の問題が出てきた際も、他者の力を借りることになってしまいます。この繰り返しが、『学びを活かし ながら生きていく力』を奪っている気もします。
 
私たちが大切にしている学習発達とは、『ゆっくりと体験を楽しみながら、学んだことを、活かす こと』その根っこになっているのが、遊びです。遊びにより学んだことを、活かす・・・活かしながら、また新しい遊びが生まれ、学びがうまれる・・・・
 
 

学習発達講座では、遊びによって得る感触を活かしながら、
「学習サポートアプローチ」で認知を育てていく方法を学びます。
遊びによって得る感触で『触覚・視覚・聴覚』『認知』を育てていきます。

 
 
【学習発達講座の学びを活かせる場所=感覚・認知を育てる】

家庭教師
教育関係者(学校教諭・大学講師、塾講師)の方:授業に活かす
保育士・幼稚園教諭の方:お遊戯や音楽、遊びの中に活かす
放課後等デイサービス・児童デイの指導員の方:療育中に活かす
保護者の方:ご家庭で楽しく学習をする
音楽・スポーツ・書道教室の先生:教室のカリキュラムに活かす
企業の教育担当の方:判断力、理解力、創造力、聞く力、書く力、話す力、基礎学力等の人材教育に活かす
学習発達講座を保護者会や職員研修に導入したい方:学習発達ティーチャーの資格取得後に可能です
ご自身の為:ご自身の認知機能の向上 等

 
 
【学習発達ティーチャーとは】

~学習発達ティーチャーとは、生徒が、学ぶ楽しさ、活かす喜びを感じる教育の実践者~
『学ぶことって楽しい!』‘ゆっくり、大きく’を合言葉に、子ども一人一人が持っている特性=宝物を活かしながら、感覚・認知を育てていく。
それが学習発達ティーチャーです。

学習発達講座を受講したい方学習発達ティーチャーの資格取得を目指す方はこちら